うつ病に関する基礎知識について詳しく紹介します

  1. ホーム
  2. ストレスについて

ストレスについて

ウーマン

ストレスと上手く向き合っていきましょう

現代社会では、うつ病になってしまう人が多くなってきていると言われています。どうして現代においてうつ病を抱える人が増加しているのかというと、うつ病とストレスは深い関りがあると考えられているためです。ここではうつ病の原因に大きく影響を与えているストレスについて説明していきます。まずストレスというものは何なのでしょうか。ストレスとは元々、精神的な負担となるような意味合いで使われているような言葉ではありませんでした。ストレスとは、物が何かしらの影響を受けることによって、その形が変形してしまうような事を指しています。それが精神に影響して負荷をかけてしまうという意味合いとしても使用されるようになったのです。つまりストレスとは、本当の心の動きが損なわれてしまうような状況を指しているということとなります。ストレスの種類として挙げられるのが、まずは社会におけるストレスです。人は社会と関りを持ちながら生きていくものです。そのため社会や学校といった組織から大きな影響を受けることが多くあるのです。具体的には仕事をきちんとこなさなければいけないというプレッシャーや、学生は何としてでも志望校に受かりたいといったプレッシャーを感じることがあるでしょう。特に真面目で頑張り屋さんといったタイプにはそのストレスが多大なものとなってしまいがちです。したがってそのような人々はうつ病にかかってしまうリスクが高いと言えるでしょう。社会におけるストレスを感じにくくするためには、深く考えすぎないことが大切となっています。自分にとってのストレスの対処法を見つけておくことが出来ると、ストレスを上手に受け流すことができるようになります。そのためには、自分自身で様々な問題をため込んでしまうような事を止めることも1つの手段となります。時には誰かに頼ってみるといった心がけを行うことも良いでしょう。また、自分自身でストレスを生み出してしまうようなケースがあります。それを心理的ストレスと呼びます。この心理的ストレスとは自分自身に対して感じる理想と現実の違いで悩んでしまう、恋人との別れや親しい人が亡くなってしまい、悲しみに沈んでしまうといった事柄が挙げられます。悲しみや怒り、不安といった強い感情をため込んでしまうことによって、大きな心理的ストレスを感じてしまうこととなってしまいます。特に自分の事を周囲に話すことが苦手であるといったタイプであれば、心理的ストレスを多く受けることが多いと言えるでしょう。様々な感情をため込んでしまうことによって体にも悪影響を及ぼすこともあります。例えば頭痛が引き起こされる、腰痛といった体の不調が発生するのです。感情を上手く表に出す事ができないようなタイプは、自分の抱いている感情に気付くことができないようなこともあります。したがって、原因不明の体の不調が現れてしまうことがあるのです。したがって原因が分からない身体の不調がある場合には、うつ病を疑ってみると良いでしょう。うつ病を引き起こしてしまうストレスとして、環境によるものがあります。この環境によるストレスとは、例えば新しい職場で仕事を開始した時や、女性は妊娠するといった今まで経験したことのない状況にある場合に感じるストレスのことを指しています。新しい状況に直面すると、人は大きな不安を抱えてしまうことがあります。環境によるストレスは、本人が気づかずうちに大きな影響を与えてしまっているようなこともあります。様々なストレスを理解して、それらのストレスを真っ向から受けてしまわないように注意しましょう。そのためには、自分自身の気持ちをきちんと把握しておくことが非常に大切となるのです。